阿蘇駅近く!阿蘇情報&おもてなしイベント満載ゲストハウス”阿蘇び心”

”阿蘇び心”のリアル情報&阿蘇の大地の旬をタイムリーに伝える毎日更新ブログ!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.08.30 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

”阿蘇び心”のこれから!活動6日目(必要)

熊本の今
とバナー押して下さい
↓↓↓



1週間

本震から今日で1週間
少しづつ余震が収まってきている様に感じますが
まだまだ油断できない日が続きます。


地震の翌日から活動開始、4月22日活動6日目のご報告
この日は晴れ!そこで”阿蘇び心”熊本店で行う「物資配布」は
熊本の学生スタッフが担当してくれ、現場班は阿蘇へ向いました。


阿蘇へ行く前に!
まず、不必要に今阿蘇へ行く方はいないと思いますが、
どうしても阿蘇へ今く場合の注意点は道路状況。
この写真はまだ序の口ですが、陥没、落差など全般的にかなり損傷激しいです。
☆☆☆注意すべき点☆☆☆
1、訪れる前にタイヤの空気圧を確認。
2、スペアタイヤを持参&自分で交換できる事
3、ガソリンは阿蘇へ入る前に満タンにしておく
4、主要道以外の道をなるべく通らない
5、時間と心にかなりゆとりを持つ


長期避難、もしもの際を考え
この日まず、訪れた先は”阿蘇び心”阿蘇店の地域
上西黒川。ここでライフラインが途絶えた際を考え
ポリタンク・カセットコンロ用ガス・お水・お茶
缶詰め・カップラーメン・そしていますぐ必要な
屋根を覆うブルーシート、土嚢袋を区長さんにお渡し。


内牧ボランティアセンターは終了
地震後、内牧の商店有志で立ち上げているここへ
私達は先日から炊き出し、物資をお届けしていましたが
昨日(22日)で落ち着き閉鎖されるとの事。
23日(土)からみなさん本業再開。
ライフラインと生活がもとへ戻り、そして商店があいて
買い物、気分転換できる街に戻る事、これが大切です。

そこで、この日の料理と気持ちを届ける先はなくなる……
わけではありません。


やはり、現地でしかわからない、困っている地域は無数にあります。
一度に全部には難しいため私達は、現地の知り合い、友人と話しをして
今困っている地域にこれから物資と気持ちを届けます。

この日は内牧のボラティアリーダーから
ここへ行ってください。そこへ区長さんを訪ね行くことになります。


見た限り美しい阿蘇の風景
しかし、写真中央の斜面をよくご覧ください。
まるでスキー場のゲレンデの様に斜面が削られています。
ここが今回の地震で土砂崩れの危険が高い地域。
この麓の家に暮らす方々は
崖から離れた公民館にみを寄せられているとの事。


まず先に
いきなり尋ねるのでは相手も困惑されます。
まず、内牧のリーダーから
この地域のリーダー(若者)に電話で状況を伝えてもらいます。
その上で私達から地域のリーダーへ電話して今から物資をお届けするべきか確認。
地域のリーダーと区長さんに話をして頂き、そしてここへ気持ちをお持ちします。

これがもし知らない方がいきなり物資を持って来たら?
相手に不安が生まれるのは間違いありません。
地元へ住む我々だから出来るネットワークであり横のつながりです。


まず、区長さん、みなさんに挨拶
食はどんな時でも大切です!
少しでも元気に!栄養を取って頂ける物を。


自家製の”キューリの浅漬け”とゆで卵


ご飯盛りだくさん


メインはハンバーグ


ソースも自家製



現地でよく尋ねられる事?
これ味つけほんと上手!だれが作っているん?
はい、この人です!夜遅くまで、朝早くからわーちゃんが
料理と買い出しを担当してくれています。

この地域には、これからリーダーと連絡をとりながら
事前に必要な物、又近隣で困っている地域に今何が必要か
それを確認してその地域にも出来る限り気持ちを届ける予定です。



車は東へ
そこから大分県との県境に近い波野村へ


波野やすらぎ交流館
ここには現在電力会社の方、避難してきている方
その受け入れをしています。


館長望月さん
望月さんと吉澤(阿蘇び心オーナー)とは不思議な縁があり
2002年にお互い静岡と広島からこの阿蘇の大地へ移住。
それから阿蘇を元気にする取り組みを双方行いながら今日に至ります。


子どもたちが遊べる物を
実はこの日の前夜(21日)FBで阿蘇の状況をチェック中
「地震におびえる、子ども、お母さんの支援、企画
物資提供&手伝ってくれる人、募集します!」
その言葉を見て、すぐ連絡をとり「しゃぼん玉とかどう?」
とスタッフ田上君と確認すると「それいいかも!」
そこで翌日にしゃぼん玉・なわとび・ボール類
バトミントン・トランプなどを持っていきました。


子どもとお母さんの心のケア
他の地域でも話をすると出てくるのは「子供とお母さんの心のケア」
現在やすらぎ交流館ではその取り組みを開放的に行っています。

もしも今それが必要な方、お知り合いがあたら
やすらぎ交流館」へ問合せしてみてください。

いろんな立場、いろんな考え、いろんな役目
それぞれ役割は違えど、目的と願いは1つ。
1日も早く元の暮らしにみんなが戻る事。

そのために今は自分<阿蘇&熊本市の復興
この取り組みに協力してくれる仲間たち。
そして全国&世界から気持ちを贈ってくれる方々。
その先にある目的に達するために!

1日も早くみんなが笑顔で元気に暮らせます様に!
その気持ちで今日も元気に!みんなで活動します。
もし、今何が出来るか?何かしたいと思ったら

活動についての詳細は→(こちらより

今日は天気が……
安全第一で動くため今日は熊本市へ向かいます!


☆熊本市ではボランティセンター始まりました⇒(こちら

☆このブログは毎日更新で発信しています。
”阿蘇び心”阿蘇店・熊本店共に現在休館中です。

☆お問い合わせ・予約受付について☆
両店ともに電話は緊急用に確保する必要があります
励ましやお見舞いのお電話等につきましては、お気持ちだけ頂戴いたします。

問い合わせは以下の熊本店のアドレスまでお願いします。
asobi-kumamoto@aso.ne.jp

何とぞ御理解の程、よろしくお願いします。


スポンサーサイト

  • 2017.08.30 Wednesday
  • -
  • 07:37
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

PR